PE(プライベートエクイティ投資)/CVC(コーポレーションベンチャー投資)

当社では、当社の事業ドメインでもある

  • 再生医療
  • ゲノム医療
  • 遠隔地診療
  • 医療・ヘルスケアデータ
  • 医療の情報非対称の解消、効率化

に関連する事業を行っている医療機関・企業様・ベンチャー企業への投資を積極的に行って参ります。

この領域は、外部環境、内部環境とも刻々をその姿を変えつつあります。そして、その動きが止まり、安定期に入ることはこの先ずっとないでしょう。
それでも、我々は、変わりゆく環境の半歩先、一歩先を見据えて、近い将来、利用者・消費者・患者様ひいては国家、業界関係者の共通の利に資するデファクト・スタンダード或いはプラットフォームとなるものを生み出す必要があります。まさに今起こっている現象が先行し、対応が後手になるという事態の打破には、業界の慣習に囚われない構想とその実現のチャレンジが必要です。

そうしたチャレンジには、当社も含め、1社単体のリソースだけで乗り切ることはまず不可能です。
我々は、上記に関連する事業を共に推進できる医療機関・企業様・ベンチャー企業への投資をすることで、単体ではく、想いをいつにする複数で成し遂げたいと考えております。

当社の投資に対する考え方は以下の通りです。

投資ステージ

当社のCVC、コーポレーションベンチャー投資は、原則シード或いはアーリーステージでの投資となります。

(※)画像クリックで拡大されます。

投資手法・投資ポリシー

PEの場合

PE投資の場合は、原則100%の株式取得(最低でも50%超)となりますが、状況・状態に応じて相談可能です。

CVCの場合

CVCの場合は、以降の投資受入計画(資本政策)やEXITの時期などに応じて協議により決定して参ります。当社はCVCに関しては、シード期或いはアーリーステージでの投資が原則ですので、資本政策策定支援からのご支援も行います。

PE/CVC共通

PE/CVCとも株式譲渡、第三者割当増資の引受以外でも、メザニンキャピタルによる投資なども柔軟に対応いたします。

原則(principle)

当社は、原則フィナンシャル・インベストメント(インカム、キャピタルゲインのみが目的の)投資は行いません。
当社と事業シナジーのある投資を行います。

CONTACT US

投資情報をお持ちの方、投資を望む方は、以下よりお気軽にお問い併せくださいませ。
*投資情報のお持ちの方は、必ずSell-Side当事者と繋がることが条件となります。