医業再生コンサルティング

1.赤字の診療科がある

一つの病院に診療科目が複数存在する場合、病院としては黒字でも、赤字の診療科目があることが多いです。

このような赤字診療科目に対して、赤字の原因を探り、それぞれに合った打開策を実施していきます。

赤字の代表的な原因は以下に大別できます。

パターン1.地域に対象患者様がいないといった構造的原因がある場合

構造的赤字の場合は、状況によっては診療科目を閉鎖します。しかし閉鎖する場合、働いている医師・看護師への対応や、未償却設備の処分など課題があります。

また、診療科目の閉鎖計画には、黒字が見込める診療科目の増設計画や新設計画も必要です。

パターン2.回収見込みのない過剰な設備投資がなされているなど、バランスを欠いた経営を行っている場合

一定数の患者様が見込める場合には、適正な運営プランを実行することで、黒字化できます。

原因がわかれば、問題点を解決することで、病院経営を黒字化させることが可能になります。

このような対応は短時間では無理ですが、手順に沿ってMTMは対応いたします。

MTMは多くの診療機関に対し、独自の医療情報をベースに、医師の紹介、医療機器の調達。関係官庁に対する申請など診療科目の廃止、増設、新設のお手伝いを行ってきました。

診療科目の廃止・新設は長期の課題として常に考えておかなければならない事柄です。

MTMでは各医療機関に合った診療科目の組み合わせ変更計画から、各診療科内の機器更新計画など、長期プラン策定をサポートしています。

2.後継者問題を抱える医療機関

日本は高度成長期において、都市の拡大とともに地域で多くの医療機関が開業しました。しかし今日、少子高齢化など社会環境の変化で、医療機関の経営も転機に来ています。

閉院する医療機関も多くありますが、閉院の手続きも煩雑です。世代交代を行うにしても、諸々の手続きは開院時より複雑です。さらに製薬会社や医療機器会社との間では、個別の事務処理も抱えているのが実状です。

MTMではこれらの法的な処理・運営上の問題など、個々の医療機関の持つ案件をきめ細かく解きほぐし、丁寧に解決してまいりました。問題によっては“医療法人M&A”の手法を駆使することも必要です。

町の医院がなくなることは、医療崩壊につながります。住民一人ひとりの健康維持が、健康な町造りの基本です。MTMは、地域の医療機関運営をサポートし、日本の地域社会の健康維持のお手伝いをしています。

3.MTMの危機管理

医療行為は人が介在する以上、大小の危険が伴います。

医師・看護師も人間である以上、100%完璧ではありません。

病院・医院で発生する事故に対して、いち早く対応するのが、MTMの危機管理サポートです。

患者様に対する対応。ご家族様への対応へ。

MTMは個々の事故それぞれに向き合い、ホスピタリティーの心を忘れず、ベストな方法で患者様とご家族、医療機関をサポートしています。