一つの遺伝子だけで、心筋・血管の元になる細胞作成…再生医療へ応用期待 – 読売新聞

 

一つの遺伝子だけで、心筋・血管の元になる細胞作成…へ応用期待

この技術は「ダイレクト・リプログラミング」と呼ばれ、iPS細胞(人工多能性幹細胞)を使うより安価に実現できると見込まれる。家田教授らは心臓の患部にカテーテルで遺伝子を導入し、開胸手術をせずに心筋や血管を再生することを目指す。 山下潤・京都大iPS細胞 ......

読売新聞