京大開発の新たな人工皮膚、医療機器として製造承認 – 財経新聞

 

京大開発の新たな人工皮膚、機器として製造承認

細胞治療に匹敵する皮膚を可能とする人工皮膚。京都大学の鈴木茂彦名誉教授、坂本道治医学部附属病院特定講師、森本尚樹医学部非常勤講師(関西医科大学准教授)らの研究グループによって開発されたものである。 【こちらも】3Dプリントで皮膚生成、6年以内に最初の身体器官が作られる可能性. 難治 ...

財経新聞