米農務省による「規制解除」が、ゲノム編集作物の普及を加速する – WIRED.jp

米農務省による「規制解除」が、編集作物の普及を加速する

米農務省はここ数年、CRISPRなどの最新かつ最高の遺伝子操作技術と秘密裏に“蜜月の関係”を結んでいた。同省は2016年以降、既存の遺伝子組み替え規制の範囲外という理由で、少なくとも10以上の「編集された作物」に規制をかけず認可してきたのだ。 そして農務省は、このほどついにその関係を公 ...

WIRED.jp