肺がん治療に新たな戦略 ゲノム編集技術で狙い撃つ – 朝日新聞

 

肺がん治療に新たな戦略 編集技術で狙い撃つ

川崎医大(岡山県倉敷市)と広島大などの研究チームは「編集」の技術を応用した新しいがん治療戦略を開発した。遺伝子を狙い撃ちする抗がん剤「分子標的薬」などが未開発か効果がないタイプのがんに有効だという。27日、米のがん治療専門誌電子版に掲載される。...

朝日新聞