骨髄の空洞を維持する遺伝子が見つかる、再生医療や骨粗しょう症治療に期待 – @IT MONOist

 

骨髄の空洞を維持する遺伝子が見つかる、や骨粗しょう症治療に期待

これらのことから、Ebf3は骨芽細胞への分化を抑制することで骨髄の空洞を維持し、血液細胞を育てるニッチを作っていることが分かった。これは、すでに明らかになっている、CAR細胞の脂肪細胞への分化を抑制する遺伝子Foxc1と合わせ、ニッチの供給に必須だ。 この成果により、造血不全に対し、Ebf3やその上流または下 ...

@IT MONOist